会社設立ではオンライン申請で

会社設立ではオンライン申請で登記申請書を提出するべき

オンライン申請をすると費用を安くできるといわれることがありますが、これは本当なのでしょうか。

業者の宣伝文句だとかなえる人もいるようですが、業者を利用したほうが安くなるケースが多いです。

もちろんですが業者を利用すれば報酬を支払わなければならないのですが、それでも専門業者を利用したほうが安くなるケースが多いのです。これを不思議に思うほうが普通だと思いますが、実際にこのようにしている人は多くいます。

会社設立をするためには登記申請書を提出しなければなりません。

かつてはこれを紙の書類で提出しなければならないのですが、パソコンの普及によって、これがオンライン上で行えるようになったのです。

オンライン上で行うことを国は推進していて、オンライン申請をすればいろいろな費用を抑えることができます。

かつては登録免許税が安くなるというメリットがあったのですが、これは現在のところは廃止されています。

そのためにメリットはいくらか薄れたといえるでしょう。しかし、定款印紙代の4万円が不要になるのは、現在のところも変わっていません。

今後もこれが続くでしょうから、4万円は安くなると考えておきましょう。

しかし、オンラインで提出するための登記申請書の作成するためには、いろいろな設備が必要となります。まずパソコンは必要です。

今の時代なら、どこの会社にもパソコンは必要でしょうから、会社設立に合わせて購入するのは良い方法です。

それだけではなくて、PDF書類を作成するためのソフトウェアが必要となります。

また、ICカードリーダも必要となります。

会社設立をしたのちにもこれらの機器を使い続けるのであれば購入しておくのがよいでしょう。

しかし、実際には使わなくてもよいものは多くあります。それを考えれば、わざわざ費用をかけて購入するべきではないと考えるのは妥当です。

業者を利用すれば報酬を支払わなければなりませんが、これらの機器をすべて購入するよりも安く済ませることができます。

会社設立の手続きそのものは、実はそれほど難しいものではありませんが、いろいろと面倒なこともあります。

すべて自分で手続きをしたいという人もいるようですが、そのメリットはあまり大きくはありません。

専門業者に任せてしまえば、スムーズに会社設立の手続きを進められることが多いです。

そのうえで、自分ですべて手続きを行うよりも安くできるということなのですから、多くの人にとって専門業者に依頼するメリットは大きいと考えられるのです。