会社設立センターや労働基準監督署

会社設立センターや労働基準監督署について

会社設立を行う時に利用出来るのが設立サポートを手掛けている会社設立センターです。

民間の企業の1つでもある会社設立センターは、各当道府県の中に有るのが特徴で、センターには税理士や司法書士、社会保険労務士、中小企業診断士、フィナンシャルプランナー、そして弁護士と言った幅広い仕業の資格を持つ人々で構成されているのが特徴です。

センターの役割と言うのは、会社設立のサポートだけではなく、設立後の会社経営に関する全ての業務のサポートを行うことが出来ると言うメリットを持っているのです。

尚、会社設立のサポートを行うのは主に司法書士となります。

司法書士は、会社の憲法とも呼ばれている定款を定めるサポートや株式会社を作る場合では定款認証の手続きを代行してくます。

株式会社の場合は、定款を定めた後に公証人役場での認証を得る必要がありますが、この手続きを司法書士が代行してくれるのです。

これ以外にも、実印の登録や会社の登記手続きと言った幅広い業務を可能にしており、申請書類の作成から手続きまでをサポートしてくれるのです。

更に、税理士などは会社設立後の税務相談や税務申請書類の作成並びに申告などの対応を可能にしており、会社経営において税理士は重要な役割を持つことからも、会社設立時に顧問税理士などを選ぶ会社も多いと言われているのです。

また、弁護士は、顧問税理士などと一緒に、企業経営の悩みに対応可能にしてくれる存在であり、センターには幅広い仕業の資格を持つ人々が1つの組織として構成されているのが特徴なのです。

所で、会社を作った後は税務署や社会保険事務所等に対し、会社設立における申請手続きを行う必要が有りますが、従業員を雇用していない、一人で設立した会社の場合は、労働基準監督署での届は不要になります。

この届は労災保険の加入手続きであり、従業員が雇用されていない段階では加入の義務というものはないのです。

しかし、会社経営が順調に進み、仕事の量が多くなることで会社は1人では経営が難しくなり、従業員を募集して社員を雇用する形になる事業所になった場合は、労働保険の加入手続きが必要となります。

これは義務付けられているものであり、1人でも従業員を雇用する事業所になった場合は、労災保険の加入のために労働基準監督署に手続きをしに行くことになりますし、雇用保険の加入のためにハローワークに行く必要があるのです。

また、これらの手続きや申請書類の作成などを手掛けてくれるのが社会保険労務士なのです。

最新記事

  • 会社設立センターや労働基準監督署について 会社設立を行う時に利用出来るのが設立サポートを手掛けている会社設立センターです。 民間の企業の1つでもある会社設立センターは、各当道府県の中に有るのが特徴で、センターには税理士や …

    会社設立センターや労働基準監督署

  • 会社設立ではオンライン申請で登記申請書を提出するべき オンライン申請をすると費用を安くできるといわれることがありますが、これは本当なのでしょうか。 業者の宣伝文句だとかなえる人もいるようですが、業者を利用したほうが安くな …

    会社設立ではオンライン申請で